Flipsとは?
ホームページ作成(無料)

防水工事に関する基礎知識

住宅塗装工事を手がける当店が、防水工事の種類を4つピックアップし、その特徴をご説明します。屋根の防水工事をお考えの方は、ぜひ参考にして下さい。

FRP防水工事

強度と耐久性に優れたFRP(ガラス繊維強化プラスチック)を活用し、耐水・耐蝕・耐候性に優れたFRP被覆防水層を形成する工法です。この被覆防水層は、軽いながらも強靭で耐久性に優れているので、重歩行や車両走行などにも耐えられます。また、密着性が高く防水性に優れており、膨張や圧縮による剥離のリスクも少ないメリットがあります。工事の仕上がりは継ぎ目がなく、外観的にもきれいです。硬化するスピードが速いため、短期間で施工が終了します。

アスファルト防水工事

アスファルトは、古くから防水材料として使われていて高い信頼性があります。液状に溶解したアスファルトと、高い防水性を持つアスファルトシートを重ねて層を形成し、水密性と耐久性のある防水層をつくっていきます。水密性の特性を利用して、屋上を緑のある空間に仕上げる事も可能です。

塗膜防水工事

ウレタン・アクリル・ポリエステルを主原料とした液体を、塗り重ねて防水層をつくる工法です。液体を使った工事ですので、凹凸がある場所の防水も可能です。密着性に優れており割れにくく、状態が悪くなければ、前回の防水層を剥がす事なく塗り直しで改修する事ができます。

シート防水工事

接着剤を使い、防水ゴムシートを下地に張り付ける工法です。 高い伸縮性と強度がある合成ゴムが使われるため、建物の形状を選ばず、下地にできた亀裂にも柔軟に追随します。また、温度の影響を受ける事が少ないため、地域の気候による制約も少なく、長い耐用年数が特徴です。シンプルな工事なので、工期と費用を抑えられるといったメリットもあります。

防水のための住宅塗装工事をお考えなら、可児市や春日井市など様々なエリアのご依頼に応えている当店をご利用下さい。施工する現場の状況によって、最適な住宅塗装工事は異なりますので、ぜひご相談下さい。外壁塗装や住宅設備のリフォームなどに関するご質問もお待ちしております。