Flipsとは?
ホームページ作成(無料)

住宅塗装料金のご案内!

住宅塗装料金

屋根の塗装工事には、基本的には金属系・窯業系と大きく分けて2種類が有ります。カラーベストは窯業系に分類されます。それぞれが専用塗料となっています。屋根塗料だからどれも同じと言う事では有りません。それぞれの素材の特長が有りますので見積もりでは現地を見て判断します。

当店の屋根塗装工事の見積もりは、材料費用・人件費・消耗経費と言う形の見積もりです。屋根の大きさでも金額の変動は有りますけど、その差は明確な形で出ます。たとえば80㎡の屋根と130㎡の屋根の金額の差は材料費用のみの差となります。カラーベストの場合(材料費18000円位)であり人件費は変動が有りません。㎡数が少ない人は損したように思いますが基本が安くなっていますので、高い見積もりとはなりません。

自分でする概算見積もり

自分でする概算見積もりとは、自分で概算見積もりを作成する事は、塗装工事のもつ意味を理解する一番の近道です。どのような業者が良いかとか、どんな種類の塗装が良いかの判断ができる形となります。これから塗装工事をご計画されている方はぜひ参考にして下さい。(40~45坪程の建物で見積もりをしています。)

又解らない事疑問点があればお気軽にお問い合わせ下さい!

屋根の概算見積もり・ 建坪40~45坪程/(屋根150㎡)


塗料 ランク表

外壁(壁面)の概算見積もり・建坪40~45坪程

外壁材料・労務費 (壁200㎡)建坪45坪程

屋根+壁 塗装工事・概算見積もりの結果 (建坪45)

概算見積もりを基準に(建坪45坪程)考えれば35坪の建物も60坪の建物でも多少の材料費用と若干の労務費の違いで概算 見積金額が計算できます。又塗料の選定も フッ素樹脂は塗料の価格差のみで概算がでます。光触媒は材料価格と若干の手間で計算できます。(例・当店価格45坪対応・フッ素樹脂の場合+13万円・光触媒の場合+16万円)となります。材料価格を知る事が塗装工事を理解する一番の近道です。光触媒の塗装だから高額ですよと言う言葉に納得するのではなく材料価格を知り塗料の性質を知る事が大切な事です。

壁面・屋根・仕上げ材料の参考価格

塗料・材料の参考価格の紹介・楽天市場  



これから塗装工事をご計画されている方には、参考となる内容です。塗装工事・概算見積もりが出来るようになりますと、塗装工事に対する不安も和らぎ、本当に価値ある塗装工事なのかと言う判断もできるようになります。塗装工事の良し悪しは中々判断が難しいものです。塗装工事は決して安い商品では有りません。何度もやり直しが出来ません。しっかりとした工事プランが大切です。

住宅塗装工事を可児市で依頼するなら

住宅塗装工事を依頼する際に、少しでも費用を抑えたいと考える方は多いでしょう。又 外壁や屋根のリフォームは頻繁に行うものではないので、どのぐらいの費用が一般的かわからない方もいらっしゃるでしょう。
当店では、塗装に使用する材料金額の情報を開示しております。その為、お客様ご自身で塗装料金のお見積もりを出す事が可能です。金額が明確だからこそ、安心して住宅塗装工事をご依頼頂けると考えております。可児市犬山市土岐市春日井市多治見市で外壁塗装リフォームや屋根の防水リフォームなどをお考えの方は、ぜひ当店まで!